空洞毛穴にならないために

空洞毛穴にならないために

空洞毛穴とは、毛穴がだらーっと広がり、まるで穴が開いたような状態になってしまっている毛穴の事を言います。

 

毛穴の状態としては重度の症状といえるかもしれません。

 

ではこの空洞毛穴になってしまったら、もう対処法はないのでしょうか?

 

若い世代の肌には皮脂量が十分足りていますが、30代40代と歳を重ねるごとに、皮脂量が不足する人が増えてきます。

 

この皮脂量の不足が、空洞毛穴になる一つの要因だそうです。

 

加齢によるお肌のたるみによってできた、たるみ毛穴が皮脂腺によって引っ張られることで毛穴を大きく広げてしまい、皮脂が不足しているので空っぽの空洞毛穴が出来上がってしまうんですね。

 

ですのでお肌のたるみの時点でしっかりケアできていれば、空洞毛穴になってしまうことはまずない、といえるのではないでしょうか。

 

お肌のたるみが気になってきたら一刻も早く、お肌のはり、潤いを取り戻す、努力をしないといけませんね。

 

そのために重要なのはまず保湿でしょう。

 

お肌に十分な水分を含ませることでふっくらとした柔らかい肌を取り戻すことができます。

 

お肌の保湿で重要なタイミングは洗顔後、この洗顔後のケア次第でお肌の状態というのはほんとに違いが出てきます。

 

そして何より、効果がすぐに実感できるので、自分の肌にあった乳液や化粧水などを見つけるのも、それほど手間もかかりませんよね。

 

お肌にハリ、潤いを持たせることで毛穴を目立たなくすることはできますが開いてしまった毛穴、そのものは小さくすることはできない、と言われています。

 

毛穴の開きを引き起こす乾燥やたるみを見逃さないこと、これが一番の空洞毛穴対策ではないでしょうか。

 

あと、飲酒やたばこ、睡眠不足、これらも毛穴を開かせてしまう大きな原因ですのでお気をつけを。

 

ちなみに私のお気に入り毛穴ケアはよか石鹸、今まで使った中で毛穴汚れを一番落としてくれてる気がします。


足痩せ 美容法 洗顔 サイトマップ